女性経験がなく、奥手だった僕のはじめてのセックス

当時、奥手だった僕は女性経験がありませんでした。

でも自慰はいっぱいしていて、エロ本やらAVなどがおかずでした。
でも、やっぱり実際にしてみたいという衝動にかられ、出会い系サイトをのぞいてみました。

出会い系サイトを使うのは初めてで、緊張しながら登録しました。

女性のプロフィールをみていると、いろんな女性がいるのに驚きました。
素敵なひとがいるものだなと思いました。

ですが僕の願いは彼女を作ることよりも、やれることが最優先でした。

思い切って登録した出会いサイトで…

女性経験がないので、女性をリードすることなどできるはずがありません。

ここはやはり、教えてもらえる人がよさそうだと考えました。
おのずと年上の女性がよさそうだと考えるようになりました。

早速掲示板に投稿します。

「相談したいことがあるので年上の方連絡ください」

数日後、コメントが付きました。

「私でよければ相談にのります」

6歳年上の女性で、ホステスをしている方でした。

メールで、自分は童貞であること、やり方を教えてほしいことを伝えました。

最初は

「風俗にいけばいいじゃん」

的なメールでした。
そのうち、お互いの写真を交換してからしばらくすると

「風俗にいったの?」

と聞いてくるようになったのです。
その後、メッセージをやりとりするうちに…

「まだです」
「包茎ではないの?」
「包茎は手術して治しているから大丈夫」

「じゃあ、私とエッチしなさい」

誘ってきたではありませんか!
うれしい言葉でした。

出会い系で知り合ったお姉さまと会う

そして、会う約束を取り付けました。

その女性は東京に住んでいたので、新幹線で上京し、彼女の家まで行きました。

夜になると、お手製の料理をごちそうしてもらいました。

その後、まずはお風呂に一人で入りました。
風呂からでてパジャマでいると、彼女が今度は風呂に入りました。

ベッドで寝ててといわれたので、ベッドで静かに待ってました。

しばらくすると、彼女がベッドに入ってきました。

色々と教えてくれるお姉さま

僕はとても緊張していて、息を殺していました。

彼女は「寝ちゃったの?」と聞くので、「寝てないです」と答えました。

彼女の体が自分の体に触れていることがすごく刺激的で、ムスコを彼女の体に押し付ける行動を無意識にとっていました。

でも自分も止められなかったです。
少し落ち着いたので動きを止めたら、彼女はすこし驚いていました。

自分は始め方がやはりわからなかったので、マグロ状態で横になっていました。

彼女は体を重ねてきてくれました。

そして彼女の左手で袋を愛撫されました。
すごく感じたことを覚えています。

はじめてフェラチオされてガマンできなくなった僕は

そして、はじめてのフェラチオです。

うれしかったですね。
こんなに感じるものかとおもいました。

そして、体勢が逆だからと、自分が上になるように言われました。

すると、目の前に彼女の胸があるわけです。両手で揉みました。乳首をつまみ上げるようにしていたら、彼女の喘ぎ声がもれてきました。感じているようです。

「胸の触り方は上手ね。私が言うのだから間違いないわ」

彼女からいわれました。
なんかとても自信がもてる言葉でした。

ムスコもギンギンで、いよいよ彼女の中に入ることになりました。

やはり初めてなので、ムスコが届かないからどうすればいいと聞くと、彼女は両足をすこし折り曲げてくれました。

なんとか入りました。

「イク瞬間わかるでしょ。おなかの上に出していいから」

ピストン運動をしましたが、初めてなので妊娠の可能性が頭をよぎります。

「妊娠するんじゃないかと思うと集中できない」

というと、彼女はしぶしぶタンスの引き出しからゴムを取り出してきて、ムスコにかぶせてくれました。

再度、彼女の中に入りました。
こんどは少し安心して動きました。

すると、ムスコが痛いことに気づきました。彼女の締め付けがきついのです。

彼女のアソコがきつくて…

そういえば彼女の

「わたしは締まりがいいといわれるのよ」

という言葉を思い出しました。

痛みをこらえて動いていると、彼女が「腰を少し浮かして」というので言う通りにしました。

彼女は自分の右手を自分のクリをいじり始め、「動いていいわよ」というやいなや、彼女はものすごく感じ始めました。

彼女はイキました。
自分はイッテないけど、彼女はイキました。

はじめてイッタ女性をみました。

自分はやはり締め付けの痛みがあり、最後までイクことができませんでした。

マンリキという言葉がありますが、このことなのだと思いました。

イッテいないけれど、初めての初体験でした。
童貞を卒業したと自分では思っています。

自慰の仕方も教えられました。

「カリの部分は刺激が強いから、クキの部分を握ってするのよ」

とても素敵な女性でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です