ひとりエッチでは物足りない。そんなときの出会い系

一人暮らしをしていると、時々ひとりエッチでは物足りなくなります。

人肌恋しくなるというか、AVでは空しく感じてしまうんですよね…

たまにはリアルな女を抱きたい!

ということで、いい子がいないか出会い系に参加してみました。

地元の掲示板を見ると、30歳前後の女性が多いことに驚愕。

近くに住む同年代の女性達が、エッチな出会いに飢えている…

そう考えると胸熱です。

 

地元でセフレを探してみたところ…

しばらく掲示板を眺め、良さそうな数人の女性にメッセージを送信。

期待しながら待っていると、3つ年上の女性から返信がありました。

数回のやり取りを重ね、どうやって会う話に持って行くかと思っていると…

彼女の方から、電話したいと言ってきます。

これは話が早いと喜んで電話番号を教えたら、電話がかかってきました。

声を聞いた限りでは、おとなしい雰囲気がします。

軽くお互いのことを話すうちに、彼女が「週末にでも会えないか」と言ってきます。

性急な話なので理由を聞くと、訳あって少し「お礼」が欲しいとのこと。

悪い女性でもなさそうだし、エッチできるなら私も満足です。

一応画像を送ってもらいましたが、普通の同年代女性といった風貌で問題なし。

週末に市内の駅で、待ち合わせることになりました。

 

割り切りでホテルへ

約束の週末になり駅前のロータリーで待っていると、車に近づいてくる女性がいました。

画像で見たよりスタイルが良く、肉付きも太すぎず私好みです。

彼女を車に乗せて、車内で雑談をしながら郊外のホテルへ…

30分ほどでホテルに着き、部屋に入ると彼女にお礼を渡します。

彼女はお風呂を入れに行き、洗面所で服を脱ぎ始めました。

やっぱりスタイルが良く、今からセックスが楽しみです。

 

湯船

彼女が先にお風呂に入ったので、私も追って入り湯船でイチャイチャしました。

きれいな白肌をしている彼女に、ムスコはもうギンギン。

風呂を出てベッドに移ってゴムをつけ、騎乗位になるよう彼女にお願いします。

馬乗りになった彼女を下から突き上げると、おっぱいが揺れていい眺めです。

彼女はだんだん声を上げていき、たかぶった私はそのまま中でイきました。

 

割り切りからセフレの関係も…?

その後もベッドで余韻に浸ったまま、しばらく彼女の体をお触り。

彼女は感度も良く、色々なプレイにもセフレも狙えそうです。

今日だけの関係にするのはもったいなく感じ「定期的にでも会えないか」と聞くとすんなりOK。

お礼も必要な時だけでいいと言ってくれました。

最初は割り切りだけのつもりでしたが、成り行き次第ではセフレも狙えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です