僕が体験したちょっと怖かったこと

出会い系サイトでいろんなタイプの人が登録されています。

セフレ希望だったり、メールH希望だったり・・・。中には写真撮影というものがありました。なんだか淫靡な表現だったので、興味ありますというメールをサイト上で送りました。

翌日返事のメールがあり、あるサイトのURLが示されていたので、そのサイトを訪れました。すると、ヌードモデルを撮影できるサイトでした。サイトをじっくり見ていると、ヌードモデルがM字開脚しているところとか、撮影者が希望するポーズで写真を撮ることができるとあります。とても興味が惹かれました。

応募のメールをサイト上から入れて登録されました。場所は東京であるため、出張の日程に合わせる形でお願いしました。

その日までしばらくありましたので、メールでいろいろ質問しました。

たとえば、「撮影時は自分も裸になっていいのか」とか、「モデルに触れてもいいのか」とか、「本番まで行ってもいいのか」とかです。

しかし、回答はありませんでした。お互いの携帯電話は交換しておりましたので、電話を何度かかけましたが、留守電でした。

出張当日、朝早く新幹線にのり、東京に向かいました。午前中で仕事は終わることになっていたので、お昼を食べた後、宿泊先のホテルで時間をつぶしていました。待ち合わせ場所は相手が指定した新宿の喫茶店です。

あまり土地勘がないので、指定された午後4時に時間通りにその喫茶店にいき、ウーロン茶を注文して本を読んでいました。

その喫茶店は夕方であったからか、あまりお客さんがいない感じでした。

4時を過ぎてもメールをやり取りした女性が現れません。心配になったので、携帯電話に電話して、喫茶店のどのあたりに座っているかを留守電にいれました。

20分くらい経ったかと思います。まだ女性が現れないなあと喫茶店の中をぐるりと見渡していたら、自分が座っている席の周りに、男の人たちが数名こちらの席を囲んで見られるような感じで座っていることに気が付きました。

一人の男は、通路を挟んで隣の席に座り、体を私の方に向けていたので、私と目があいました。その男の顔はすこしニヤニヤした顔をしていました。

私は目をそらして、再び本を読むふりをしました。すると、その男は不敵な笑いをしていることが分かりました。

なんだかおかしいと感じました。ほかの席に座っている数名の男の人たちも、ちらちらと私の方を見ている感じでした。

「君子、危うきに近寄らず」という言葉が瞬時に頭に浮かびました。本をカバンにしまい、席を立ち、会計をすませて喫茶店を出ました。10分くらい歩いたでしょうか、私の携帯電話が鳴りました。

女性の声で「待っているんだけどいまどこ?」初めてその女性と話をした瞬間でした。「周りにいるこわもての男の人はだれなの?会いたいならこっちに来て。○○の近くにいるから。」といって電話を切りました。

そういったものの、怪しい雰囲気は変わりませんので、私は歩いてもう少し移動して、映画館に入って映画を見て時間をつぶそうと考えました。チケットを買って映画館に入りました。その時に人気のある映画でしたので、見るのは2回目でした。

すると、また携帯電話がなりました。女性の声で「どこにいるの?待ち合わせ場所に来て。」といいます。私は無言で電話を切りました。

その後は、携帯電話がなることはありませんでした。映画をすべて見て、外に出ました。

宿泊先に帰り、今回のことをふと振り返りました。たぶんあの男の人たちは、業者の人で、暴力団に関係しているのであろうと想像しました。

あのまま喫茶店にじっと待っていたら、なにをされていたかわかりません。間一髪の状況だったと今では思います。

後日、やり取りしていたメールで、「どういうつもりなのか。明確な説明を望みます。」と送りました。

しかし、返事はありませんでした。

このような経験は後にも先にもこの時だけです。

悪い話に乗らないようにするための見極めが大事だと思うと同時に、すこし自重しようと思いました。

東京新宿というロケーションがそもそもやばい感じですね。地方にいる者としてはとても注意がいるケースだと思いました。

やはり地元で相手を探すのが安全なのかと思い始めました。

地元だと職場の人にしられたくないという感覚から、地元から遠いところの人を自然と探していたところがありましたが、これをきっかけに地元でもなるべく自分の居住地から離れている人を探すようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする