20代男性の一人暮らしは、性的欲求が強い

20代男性の一人暮らしは、性的欲求が強いのでその欲求を満たすのが大変です。

私は、何回か出会い系サイトのセックスフレンドで会った経験があったので、もやもやしてきたら出会い系サイトを見るようになりました。

「すぐじゃないけど」という掲示板に、「20代後半の同世代のひとと出会いたい」と掲示しました。自分の地元の人に対して掲示を出しました。2日後に、ある女性からメールが入りました。「私も20代後半です。情報交換しませんか?」という内容です。もちろん、即返事です。

出会い系サイト上でメールをやり取りすると、自分のポイントが減っていってお金がかさむので、自分のメールアドレスを伝えて、情報交換をし始めました。

彼女は自分で仕事が立ち上げているバイタリティーのある人だということが分かりました。

具体的な会社の名前とかは教えてもらえなかったのですが、大きな夢があるということをいっていました。私は、それとなく関係を持ちたいということをメールで伝えると、彼女の返事もまんざら悪い感じではありませんでした。

メールのやり取りから、電話のやり取りに移行して、いろいろお話をしました。

話を直接すれば、それなりに人となりがわかるようで、彼女は会いたいと言ってきました。もちろん、望むところです。待ち合わせ場所を決めて、日時を決めました。

当時は、若い盛りのため、やれればいいみたいなところがあり、相手の体形とかを聞くことをしていませんでした。

私の車で待ち合わせ場所に行き、彼女と合流しました。彼女を車に乗せて初めて気が付いたのが、彼女の体形です。ちょっと太っていました。しまった!自分は太っている人があまり好みではない!

すでに会ってしまい、車にも乗せてしまっているので、いやですとも言えず、ホテルに向かいました。

部屋に入り、自分の理性はすこし狂いました。太っている人は好みではないといっても、蜜室に二人きりになり、やろうと思えばやれる状況であると考えると、ムクムクとムスコが張り出し始めました。

ベッドの上でイチャイチャしながらしばらくすると、彼女はお風呂にお湯を張りにいきました。

お湯が入る間、ベッドでお互いに服を脱ぎながら肌を合わせていました。

彼女の体を抱きながら、「胴体周りがすこし大きいな」と思いながら、自分の両手を彼女のおなかの触り、肉をつまんでいました。太っているからだぶついているのです。なぜか、おなかの肉をしばらく両手でつまんでいました。彼女はさすがに恥ずかしがり、笑っていました。太っている人だったのですが、ムスコは素直に反応しています。ビンビンです。不思議ですね。

キスはたぶんしなかったように気がしますが、あまり覚えていません。

お風呂に入ろうとも思ったのですが、なんとなく早く済ませたいと思ったのでしょう、お風呂に入ってお互いに体の汗を流してからという発想が生まれず、そのまま挿入することにしました。ゴムをつけて彼女の中に入りました。

正直、体を洗ってからの方が本当はよかったのですが、やはり太っていたからなのだと今でも思うのですが、早く済ませたいと思っていたと思います。パンパン腰を振って性感を感じることに集中しました。だんだん感じてきました。

彼女も声を上げ始めました。最初から正常位で腰を動かし続けました。そして彼女の中で放ちました。

太っている人は好みではないけど、イケるのだと感じた瞬間でした。自分は遂げたので気持ちはよかったのですが、彼女はイクところまではいたらなかったようでした。

ムスコを彼女から抜いた後、彼女は自分の手を自分の茂みにもっていってクリトリスを刺激してイコウとしていました。

私はその様子を見ていただけで、手伝うとか刺激するとかの発想はありませんでした。静かに彼女はイッタようでした。

しばらくして、お湯がはいったからお風呂に入ろうといわれました。しかし、太っている人が好みではないというところが、心のどこかで引っかかっていたのだと思います。

自分は思いを遂げたので、なんとなくもういいのではないかと思っていたのだと思います。

そのあとの展開を期待することもなく、帰りたくなりました。

彼女は僕のことを「いい男ね」というのですが、なぜかあまりうれしくありません。好みの女性ではないからなのだということはすぐにわかりました。

お風呂に入る話はなしにして、私は帰ろうといいました。彼女は「ええ?」という表情です。それもそうでしょう、ホテルに入って1時間もたたずに帰ろうというのですから。

なかなか好みの女性とやれるのは難しいと思う経験でした。
私としては、やはり女性の体形は大事だなと痛感ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする